AJAC

ALL NATIONS & JAPAN ARTISTS' CO-OPERATION



  • AJAC
  • AJAC展
  • ニュース

AJAC紹介

AJACは1975年に創設された日本及び世界の現代美術の作家組織です。 AJACは国籍、人種、民族、性別等を問わず、また自由な表現を基本としています。 AJACは約40年間に、アメリカ、ネパール、イタリア、スペイン、韓国、タイ、ブラジル、中国等、世界各地で展覧会を開催してまいりました。また、毎年秋の東京での本展(東京都美術館)には世界各地から多くの作家の出品があり、芸術・文化の交流が展開されています。


Introduction of AJAC

AJAC was established in 1975 by modern artists, regardless of nationality, race and sex. AJAC stands for modern and liberal expressions. AJAC has held many artists send to AJAC their works for the main exhibition “NEW ART IN JAPAN” at Tokyo Metropolitans Art Museum from all parts of the world.


AJACの沿革

1972年 前身である“市民と美術をつなぐ会”が滝口修造、福沢一郎、丸木位里・俊子夫妻の賛助を得て結成。
1975年 “画家組合”として第1回展を東京都美術館にて開催。以後毎年同所で開催。
1979年 日本在住の外国人美術家が多数参加し、名称を通称AJACとする。
1999年 団体名称を正式にAJAC(アジャックと読む)とする。
2007年 国立新美術館にて、第1回AJAC野外選抜展を開催。


AJACの主な海外展

サンフランシスコ展(1984)、ニューヨーク展(1985)
マドリード展(1987)、ネパール展(1989)、シエナ展(1995、96)
ソウル展(1998)、チェンマイ展(2000)、ブラジル展(2008)、重慶展(2011)


AJACの国内展

AJAC東京都美術館展(本展)、AJAC鹿児島展、AJAC福島展、AJAC岡山展


AJACのサイトに掲載されている全てのコンテンツ(文章・画像等の情報)の無断転載を禁じます。

Copyright (C) 2014 AJAC All Rights Reserved